トップ 差分 一覧 ソース ヘルプ ログイン

筑波大学 メーリングリストサービス

学術情報メディアセンター


1.MLサービスからのお知らせ

 12月の定期保守作業のお知らせ

  平成28年12月6日,7日の早朝4時半〜6時半頃に、12月の定期保守作業を実施させて頂きます。今回は、OSの更新(FreeBSD-9.3 から11.0)および Perl,Rubyの更新作業のため、以下のとおり、段階的に順次実施します。

 ◆ 12月6日(火)未明:    OS再起動あり
   ※ 12月6日(火)早朝に30分程度のサービス停止を伴います。
  ◎ OSアップデート1日目
   11.0-RELEASEカーネルとライブラリの更新、および9.xバイナリ互換ライブラリ
   のインストールを実施します。
 ◆ 12月7日(水)未明:    OS再起動あり
   ※ 12月7日(水)早朝に30分程度のサービス停止を伴います。
  ◎ OSアップデート2日目
      各種サービスのソフトの更新します。

 最近実施した定期保守作業のご報告

平成28年11月24日(木)早朝4時半〜6時半頃に、11月の定期保守作業を実施しました。保守作業の概要は、以下のとおりです。

※ 以下の作業を実施して、サーバ再起動によりサービスを再開しました。
 ◆ OSのアップデート: なし
 ◆ マイナー/セキュリティアップデート:
  ◎ 通信	openssl-1.0.2j_1,1 
  ◎ DB	postgresql-9.2.19
  ◎ DB	mysql-5.5.53
  ◎ 言語	php-5.6.28

 保守作業に関する運用方針

   ※ MLサービスは、汎用レンタルサーバの基本サービスの一部を利用して運用しております。
     従いまして、定期保守作業等もこれに準じた運用方針でサービス提供させて頂きます。

 MLの自動化(登録・更新)について

MLの新規登録と継続利用の申請処理を平成28年3月から自動化しました。

 ◆ MLの利用継続の更新手続きについて

  ML管理者の皆様には、3月1日頃にご利用中のMLに関する利用継続の確認メールを差し上げます。

   ※ 当MLサービスは年度更新制ですが、毎年1月〜3月の間に新規に登録した ML については、
     最長15ヵ月間の利用が可能です。その場合は、上記の利用継続の確認メールは1年後の3月
     に送信されます。

 ◆ 来年度も利用継続する場合

  3月初めにMLの利用継続の確認メールが届いたら、そこに記載されたURLを開いて「確認」ボタンを
  押して継続の手続きをお願いします。

   ※ ML管理者の登録情報を変更をする場合は、確認メールに記載されたURLを開いて、登録情報
     を修正してから「確認」ボタンを押して継続手続きをしてください。

 ◆ 利用継続しない場合

  上記の確認の手続きは不要です。そのまま何もしなければ、4月1日頃に最終確認のためのML削除
  に関する通知メールを差し上げます。(4月中であれば、まだ継続手続きも可能)
  その後、5月1日頃に自動的にML削除の処理が実行されます。

 ◆ MLの新規登録の申請要領について

  今後は新規にML登録する場合は、従来の利用申請書は不要となります。
  代わりに、後述の「申請要領 (自動登録)」欄に表示した『メーリングリストの登録申請』のリンク
  からML登録の申請をしてください。


2.MLサービスの概要(2016.2.26)

平成21年9月よりメーリングリスト(ML)サービスとして学内向けに無償でご提供しています。

  • このMLサービスは、Mailmanを使用してサービス提供しています。
  • 平成28年3月からは、MLの登録申請と継続申請を自動化します。以前のような利用申請書のご記入は不要となります。後述の申請要領(自動登録)をご覧ください。
  • FMLの全てのMLは、平成28年1月20日(水)11時にMailmanへ移行して、FMLの利用を中止しました。

(Mailmanについて)

  • ウェブ上での操作なので設定自体は簡単です。ただし、豊富な機能が利用可能となっておりますので、これを安全・快適に使いこなすためには、ML運用に関する多少の知識と経験が必要です。
  • 教育・研究・業務などでご活用ください。


3.MLサービスの利用について

 ML管理者の申請

このMLサービスは、次の2つのメールアドレス所有者のみML管理者としての利用を受け付けます。(MLの配送先アドレスは任意登録可)

  • uドメインの教員(@u.tsukuba.ac.jp) ※ 学生アカウントは対象外です。
  • unドメインの職員(@un.tsukuba.ac.jp)

 利用期間

  • 1年毎の更新のため、当該年度末までの利用となります。
  • 次年度も継続して利用する場合は、3月中に更新手続きをしてください。(下記参照)
  • 更新手続きのないMLについては、新年度始めに削除します。

 ML名

ML名は以下のような命名規則に準拠した名前をご指定ください。

  • 5文字以上21文字以内 (半角の英数文字およびハイフンのみ使用可)
  • 先頭1文字はアルファベット (メールアドレスでは英文字の大小は区別されません。)
  • ハイフン"-"を必ず1つを含める (最高3つまで指定可。ただし、両端および連続指定は不可)
  • 学生や教職員などのメールアドレスに類似するものは不可
  • 基本的に過去に使用したML名は不可

(良い例) abc-123-def@ml.cc.tsukuba.ac.jp

      abcde-fgh@ml.cc.tsukuba.ac.jp

      abcd-efg-hi@ml.cc.tsukuba.ac.jp

(悪い例) 123-abc-def@ml.cc.tsukuba.ac.jp

      abc---def@ml.cc.tsukuba.ac.jp

      abcdefgh@ml.cc.tsukuba.ac.jp

      ab-c@ml.cc.tsukuba.ac.jp

 申請要領 (自動登録)

  • 学内IPアドレスから、こちらの『メーリングリストの登録申請』のページで必要事項をご入力の上、【申請する】ボタンを押してMLの利用申請をしてください。
  • ここでの登録受付は、仮申請となります。指定したメールアドレス宛てに本人確認のための確認メールが送信されます。
  • その確認メールに記載した確認手続きが完了すると、実際にメーリングリストが作成されて、MLの利用に関する案内メールが届きます。

 利用に関するご注意

  • 投稿されたMLはシステム内に保存されません。そのため、過去記事などの取り寄せや保存書庫の利用などはできません。
  • ML登録数やMLメンバー登録数などの具体的な制限値は明記しませんが、常識の範囲でのご利用を前提としております。もしも、システム運用に支障を来たすような場合は、登録変更または、利用取り消しとなる場合があります。
  • ML運用に関しては、ML管理者の責任において適切に管理・運用していただくようお願いいたします。
  • ML管理者を変更する場合は、次のような手続きとなります。
 (1) MailmanのML管理ページにログインしてください。
    https://ml.cc.tsukuba.ac.jp:8443/mlmn/admin/ML名
 (2) Mailmanの設定画面で「全体的オプション」にある
   「リスト管理者のメールアドレス、複数の管理者を別々の行にならべてもよい」という欄で、
   (新),(旧)のML管理者のメールアドレスを変更して設定を保存してください。
   必要に応じて、パスワードを変更してください。
 (3) これで(新)ML管理者のメールアドレス宛てにML関連の通知メールが送信されるようになります。
 (4) この時点では、当初に登録した(旧)ML管理者の氏名、所属、電話番号などの属性情報はそのまま残ります。
 (5) 属性情報の更新については、毎年3月初めのML利用継続の確認の際に変更してください。

   具体的には、(新)ML管理者のメールアドレス宛てに次年度の利用継続についての確認メールが送信されます。
   その確認メールには、(旧)ML管理者の属性情報が記載されています。
   MLを継続する場合は、(新)ML管理者の属性情報に書き換えて、継続利用の申請をしてください。
    ※ 継続利用しない場合は、そのまま何も変更せずに手続きは不要です。
      4月初めにML削除の通知メールが送信されます。
      そこでも何もしなければ、5月初めにMLが自動的に削除されます。

  (Mailman関連)

  ※ Mailmanには各種機能が豊富に用意されております。その機能を活用することは自由ですが、使用方法などについては各自で「Mailmanのリスト会員の手引」等でご確認ください。(ただし、Mailmanの保存書庫の機能は使用不可となります。まとめ読み機能も基本的に使用不可)



4.お問い合わせ

  • 学術情報メディアセンター:MLサービス担当
  • TEL: 029-853-2457